FC2ブログ
 
■プロフィール

淀五郎

Author:淀五郎
 
“淀五郎”は古典落語の演目。
相中にすぎなかった歌舞伎役者の澤村淀五郎は『仮名手本忠臣蔵』の判官役に抜擢されたが、四段目の切腹の場で、座頭で由良之助役の市川團蔵から連日のダメ出し。思いつめていたところ中村仲蔵に「いい所を見せようとする気持ちが強すぎる」とアドバイスを受けて、開眼。二階級特進の名題に抜擢される。六代目三遊亭圓生の十八番だった。

■最新記事
■カテゴリ
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■リンク
■QRコード

QR

国立能楽堂7月普及公演 重喜 兼平
2012_07_nnt_001_convert_20120722071114.jpg 2012_07_nnt_002_convert_20120722071133.jpg

七夕、曇り空で蒸し暑い中、千駄ヶ谷駅から国立能楽堂へ。

開演まで時間があったので、レストラン「向日葵」で皿うどんを食べる。
酢を多めにかけて食べると、さっぱりして美味かった。

国立能楽堂7月定例公演
(2012年7月7日 13:00~15:30、国立能楽堂)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
解説 兼平と義仲、そして巴
狂言・和泉流 重喜 
能・金剛流  兼平   
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆解説:兼平と義仲、そして巴(13:00~13:20) 佐伯真一
 木曽義仲とその四天王であり乳兄弟でもある今井四郎兼平、さらに義仲の愛唱であった巴の人間関係、平家物語の中での描かれ方、謡曲「兼平」と「巴」の違いなどを分かり易く解説。

◆狂言:重喜(13:40~14:10)シテ:野村萬(和泉流)
 法要に出かける前に住持は、修行中の若い僧の重喜に頭を剃るように命じる。
剃刀を片手に持って住持の後ろ立った重喜は、刃を掌にあてて切れ味を試したりしているうちに、住持にぶつかってしまい、住持から「弟子七尺を去って師の影を踏まず」という諺を引用して厳しく注意される。
 重喜は、師の影を踏まないように飛び去ったり、長い竿の先に剃刀をくくりつけて、住持のはるか後方から剃り始めて、顔を傷つけてしまい大騒動に。
 重喜は子方でシテ・萬の孫で8歳の眞之介が務めていて、その姿は微笑ましく可愛らしかった。

◆能:兼平(14:30~15:30)シテ:種田道一(金剛流)
 兼平の亡霊が現れて、弔ってくれた僧に義仲と自分の最期の場面を語り始める。
 兼平は義仲に、木曽殿ともあろう方が人手にかかって死んでは末代までの恥辱なので、粟津の松原で自害することを勧めると、自分は後から追いかけてくる敵を防ごうと馬を引き返した。
 義仲は薄氷の張った深田に馬を駆け落とし、進退きわまったところに流矢を受けて討死した。
 さらに、兼平は自らの最期の有様を語り続ける。
 兼平は義仲の討死を知って、もはやこれまでと覚悟を決め、大きな声で名乗りをあげると、「自害の手本を見よ」と太刀を口にくわえ、まっさかさまに落ち、喉を貫いた。

 間狂言では睡魔に襲われたが、この兼平の自らの自害の場面は鬼気迫るものがあった。

スポンサーサイト



能・狂言 | | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ