FC2ブログ
 
■プロフィール

淀五郎

Author:淀五郎
 
“淀五郎”は古典落語の演目。
相中にすぎなかった歌舞伎役者の澤村淀五郎は『仮名手本忠臣蔵』の判官役に抜擢されたが、四段目の切腹の場で、座頭で由良之助役の市川團蔵から連日のダメ出し。思いつめていたところ中村仲蔵に「いい所を見せようとする気持ちが強すぎる」とアドバイスを受けて、開眼。二階級特進の名題に抜擢される。六代目三遊亭圓生の十八番だった。

■最新記事
■カテゴリ
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■FC2カウンター

■リンク
■QRコード

QR

近々、再読したい本
このところ「おくのほそ道」を読んでいることは、昨日記した。

そのあとに再読したいのもとしては、『吉田玉男文楽藝話』日本芸術文化振興会と、『人形有情 吉田玉男文楽芸談聞き書き』 岩波書店。
来年、玉女が二代目玉男を襲名するのでその前に読んでおきたい。

高木浩志『文楽の芸 (日本の芸シリーズ) 』東京書籍。
きちんと精読してみたい。 

| | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する